河口湖の移住支援について【役場の移住担当者にお聞きしました】

天上山からの富士山

リモートワークが可能になると移住を検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうした中、2020年10月10日・11日に富士河口湖移住公認アドバイザーの「富士山暮らし応援隊」と町役場職員がNPO法人ふるさと回帰支援センター様が開催する「ふるさと回帰フェア」へ出展され、オンライン移住相談会を開催されました。首都圏や関西圏にお住いの方からご相談があったようです。

富士河口湖町役場では政策企画課に移住に関する窓口があります。そこで、担当者の方に河口湖の移住支援についてお話を伺いました。

新築住宅建築等奨励金

これは、夫婦そろって富士河口湖町に転入し、住宅を新築(新築後未入居の物件を購入)する方に対して40万円の奨励金が交付されるというものです。下記の交付要件を満たしている必要があります。

  1. 永住の意思をもって町内に5年以上居住すること。(住民登録をして、生活の本拠が町内にあること)
  2. 自己の移住のために新たに建築した建物または建築後一度も入居していない住宅。(住宅の増築、改築、移築は含まれない)
  3. 事業認定申請日より遡り3年前以降に町外から転入した(予定の)夫婦。(本町出身で転出から5年以上経過し本町に転入してくるUターン者も対象となる)
  4. 町内の自治会の組織に加入する者。
  5. 延べ床面積が50平方メートル以上240平方メートル以下である住宅。
参考 住宅の新築(購入)支援制度・住宅団地造成助成制度富士河口湖町HP

空き家バンク制度

これは、空き家になっている町内の家を賃貸物件として移住を検討している方向けに案内している制度です。移住・二地域居住希望者を対象に、空き家バンクに登録された物件の紹介を行っています。仲介手数料等はかからず、一般の不動産屋さんには出てこないようなマニアックな物件があったりするのも魅力的です。

現在入居者募集中の空き家は下記リンクより調べることができます。

参考 富士河口湖町空き家バンク制度富士河口湖町HP

富士山暮らし応援隊

富士河口湖町への移住・定住をサポートする先輩移住者を中心としたグループで、移住に関するご相談を随時受け付けています。移住に関する不安・心配事にお応えいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

参考 富士山暮らし応援隊公式HPFUJIKAWAGUCHIKO.fun

来月には、移住希望者の関心事項をあらかじめヒアリングしそれを基に見学内容を個別にプランニングするというプライベートツアーの申し込みを開始する予定だそうです。また、オンライン移住相談を随時受け付けらるよう準備を進めているとのことです。こちらにつきましては詳細が決定次第、上記公式HPにて案内されるとのことです!

移住支援金制度

山梨県では、東京圏から移住する際「山梨県移住支援・就業マッチングサイト」に掲載された県内中小企業に就業すると、最大100万円(世帯の場合100万円、単身の場合60万円)の移住支援金を市町村窓口にて支給します。

【移住支援金制度のご案内】
下記要件を満たし、就業から3ヶ月以降かつ移住から1年以内に移住先市町村に申請して下さい。

  • 東京圏から山梨県内の市町村に移住
    「東京23区内に5年以上在住している方」または「東京圏に在住し、23区内に5年以上通勤している方」が、平成31年4月1日以降に山梨県内で制度のある市町村に移住し、その後5年以上居住する場合が対象。
  • 山梨県マッチングサイトの掲載求人に就職
    掲載されている支援金対象求人に応募し、新規就職した場合に限ります。
参考 山梨県移住支援・就業マッチングサイト山梨県総合政策部地域創生・人口対策課

その他、富士河口湖町民になると嬉しいことが!?

  • 「芙蓉の湯」「健康プラザ」共通利用カード
    町内にある船津温泉休養施設「芙蓉の湯」、高齢者体力づくりセンター「健康プラザ」を利用できるカードをもらうことができます。
    このカードを提示すると、
    ・高校生〜74歳まで 300円
    ・小中学生 150円
    で、利用することができます。
  • 富士河口湖町 町民優待カード
    「河口湖美術館」「河口湖ミューズ館」「河口湖フィールドセンター」「西湖いやしの里根場」「西湖コウモリ穴」に一定回数無料で入れるカードです。
    (令和2・3年度発行のカードの場合、令和4年3月まで30回利用可)
 かわぐちこ
ちゃん
 かわぐちこ ちゃん

河口湖の冬はちょっと寒いけど、自然がとても綺麗で素敵よ〜