移住先として河口湖を選ぶべき7つの理由

富士山と河口湖

移住を検討している方へ・・・

昨今、新型コロナウィルスの広がりとともに首都圏での暮らしを見直し、地方へ移住することを検討している方が増えてきているようです。

移住先候補としては新幹線や特急電車で首都圏へのアクセスが良い場所、好きなレジャーが楽しめる場所などが決める要素かと思いますが、あらゆる魅力的な要素を兼ね備えている『河口湖』を移住先として選ぶべき7つの理由をご紹介します。

①アクセス

首都圏から中央高速道路を使って車で80分。河口湖インター降りて10分で湖畔周辺の観光地、森や湖の近くのレジャー地に着きます。新宿と河口湖を毎日3往復している特急電車『富士回遊』なら1時間52分。週に1回くらいの首都圏への通勤なら苦痛にならない距離感です。

河口湖へのアクセス

②新型コロナウィルス「ゼロ」の町

新型コロナウィルスは感染が拡大するのか収束するのか、秋冬のインフルエンザが拡がる時期はどうなるかなど、まだまだコロナ以前のような生活とは程遠い不便・不快な生活が続きそうです。

2020年8月時点ですがNewsDigestアプリ「新型コロナウィルス感染状況マップ」で調べると河口湖周辺からは1人も感染者が出ていません、ゼロです。

画像1

地方に行けば1人も感染者が出ていない町はたくさんあると思いますが、河口湖のすごい所は、東京から地方への旅行・移動自粛が言われている時も、いつ何時も町の中に首都圏からの観光客・レジャー客がたくさんいるにも関わらず感染者ゼロなのです

GOTOキャンペーンで東京が除外されている中、河口湖がある富士河口湖町では万人に対して富士河口湖町割引クーポンを打ち出しておりました。そのおかげか近隣の山中湖が閑散としている時も河口湖は割引クーポンがすぐになくなり人気の宿は予約が取れない状況になっていました。

感染者がゼロの町なら気が緩みマスクもせず、感染対策もせず過ごす所でしょうが、河口湖は観光地・レジャー地ですからかなり高い意識で感染対策を町全体で取り組んでいます。ホテルや旅館はもちろんのこと、飲食店でも丁寧な感染対策がなされています。
河口湖から1人も感染者が出ていないのはこのような高い意識と丁寧な対策をしているからです。地方でこんなに高い意識で丁寧な対策を行なっている所は無いんじゃないでしょうか。

幼稚園や保育園では子供達はマスクをせずのびのび遊んで過ごしています。小学生や中学生はマスクをして学校に通っています。人が集まる場所施設ではマスクをみんなしていますが、首都圏のピリッとした感覚はありません。

車社会ですから車の中ではマスクはしません。マスクの煩わしさからはかなり解放されます。また感染リスクにしても「やばい、密!」「あっ、触っちゃった アルコール消毒しよう!」みたいに感じることもほとんど皆無です。コロナ前の普通の人間らしい生活に近い形で生活することができます

③田舎のメリットがあり、デメリットがない

田舎の良さと言えば自然豊かで長閑な環境採れたて野菜の美味しさ広い家のびのびした学校環境人の温かさギスギスしてない職場環境通勤電車のない生活レジャーの充実夜空の美しさ生活コストの安さなどがありますが河口湖も全てあります。
河口湖にはおまけに富士山の壮大な眺望と河口湖の湖畔の癒しの空間があります。河口湖には経済的な豊かさではなく心を豊かにしてくれる環境が整っています。

一方で田舎の懸念点と言えば村社会です。地元住民のコミュニティへの入りづらさ、ゴミ出しなど生活の日常に関するストレス、よそ者が小さな狭い村社会への溶け込むことへの難しさ、個を尊重する都会的な生活の快適さが維持できない関わり合いを超えた監視社会。
この点は住んでみないと分からない部分でもあり、移住してツライと生活することも難しくなってしまいますが、河口湖は観光地・レジャー地であり、別荘地の顔もあり、昔から移住者が多い町ですからこのような煩わしい村社会は無いです。

④水と空気

富士山の湧き水と聞けばそれだけで美味しそうとイメージできると思います。水道水のお水は湧き水ではないでしょうが本当に美味しいです。ミネラルウォーターやウォーターサーバーのお水とは比べ物にならないくらい飲みやすいです。

町でおじいさんが「わしが90まで元気でいられるのは富士山の水のおかげだ」って話しているのが聞こえてきたことがあったのですが強ち間違ってないような気がします。お水をたくさん飲むようになると肌艶は良くなりますし、体調も良くなります。

スーパーにペットボトルのお水が少ないんです。お水を買っているのはキャンプに行く人くらいで河口湖に住む人には水は買うものという意識がない気がします。

そして森の中を通って浄化されたような爽やかな風は、家の中にいても風を感じるだけで癒されます。排気ガスとかは無縁の空間です。

この水と空気は日常の中でありがたさがどんどん増していきます。そしていつの間にか手放せなくなります。都会の汚い空気、不味い水に耐えられなくなります。

人間には美味しい水と空気がどれだけ必要かということがよくわかります。

⑤公共施設の充実

河口湖のある富士河口湖町の隣には富士吉田市があります。

富士吉田市は富士山信仰の歴史がある素晴らしい町ですし、富士急ハイランドとかの有名な施設もあります。その富士吉田市の市役所や街の様子の写真をまとめたサイトがあります。
フジサンストリートと市役所

地方都市にしては富士吉田市は賑わっている街だと思いますが、それでも地方らしい寂れた商店街や年期の入った市役所などを感じることと思います。これは全国的に見られるごくごく普通の地方の姿だと思います。

一方で富士河口湖町役場がこちらです。役場です、町・・。

画像2
株式会社コバヤシ河口湖庁舎建築

素晴らしいんです。

2020年夏に出来たばかりの船津小学校や、2016年に新校舎になった組合立(珍しいですよね組合立って)河口湖南中学校など船津という住民が多いエリアにはバンバン新しい公共施設が出来上がっています。

2018年に完成した新しい船津保育所はもはや保育所の域を超えた素晴らしい施設です。

画像3
富士河口湖町ホームページ船津保育所
画像4
富士河口湖町ホームページ船津保育所
画像5
富士河口湖町ホームページ船津保育所

富士河口湖町役場に隣接している「生涯学習館」の中には図書館があるのですが、木の温もりを感じる素敵な建物で何度も通いたくなる心地良い空間です。

画像6
PORTA富士河口湖町生涯学習館

2020年9月時点で河口湖がある富士河口湖町は
・人口 26,639人
・世帯数 10,910
の小さな町なんですが、ホテルや旅館、ゴルフ場、キャンプ場などのレジャー施設、飲食店など、たくさんの観光・レジャー産業、お店があります。また、別荘地でもあるので地方の小さな町にしては寂れてる感がほとんどありません

インバウンド客の減少による打撃は大きいですし、合宿需要の高かったペンション・民宿はとても厳しい状況にあると思いますが、町全体としては税金が住民のより良い環境作りに投資されていて非常に素晴らしいです。

⑥レジャーの充実

最近の暑すぎる日本の夏。河口湖は木がたくさんありますから木陰も多くまだ過ごしやすいです。ゴルフテニス釣りウェイクボードキャンプアスレチックマウンテンバイクハイキングなど色々なアクティビティを楽しむことができます。

家から車で15分以内の場所でこれらのアクティビティが楽しむことができます。休みの日に大自然の中で色々なアクティビティを楽しむ過ごし方は心の豊かさを生みます。アクティビティを楽しんだ後はお家にサクッと帰ってゆったり過ごせます。帰りの渋滞もありません。

⑦洗練された町

河口湖は多くの観光客、レジャー客を満たそうと常に変化をしている町です。都会の喧騒を離れ、ゆったり富士山と河口湖を眺めながらお風呂に入ることができる『旅館うぶや』の客室ができたり

画像7
旅館うぶや貴賓室501

ホテルでキャンプのような体験をできる『星のや富士』ができたり

画像8
星のや富士ホームページ

時代に応じて変化し、お客様の喜ぶ形に合わせて1つ1つの施設、飲食店が進化してます。この進化が洗練されたデザイン、味、サービス、センスを生み出し、洗練された河口湖を作ってます。

河口湖には美味しいパン屋がいくつもあります。お家の横にちょこっと看板があるような隠れ家レストランもたくさんあります。美味しいお水で作られた吉田のうどんは毎日食べても飽きない美味しさがあります。自分の味を表現した個性的なお店ばかりです。

普段のお買い物に便利なスーパーは大きいのが2つあります。1つはフォレストモールという何でも揃う大きなショッピングモールの中の『マックスバリュ』。もう1つは河口湖大橋への道沿いにある『オギノ』というスーパーです。

キャンプ客の買い出し需要に合わせてマシュマロが目につくところに山積みにあり、お肉は家庭用のお肉からバーベキュー用のものまで幅広く揃っています。海産物もバーベキュー用のホタテや貝などがいつも揃っています。

お酒は地酒、地ワインから一般的なものまで幅広く揃っています。お買い物に来るお客さんのニーズに合わせた品揃えです。観光客・レジャー客のおかげで日常のお買い物をする人にも素晴らしいスーパーと品揃えがあり、大変便利です。

まとめ

新型コロナウィルスによって多くの方が首都圏で生きていくツラさ煩わしさ不安ストレス疲れを感じていると思います。どうしても生きていく上で必要な仕事の場所に縛られてしまいますが、少しづつリモートワークも広がってきたこともあり、職場の近くではない所に住む選択肢が出てきました。しかし日本も広いですから、故郷や大好きな場所がない限り選択肢が多すぎて迷ってしまうと思います。

ふじちゃんも東京から2020年夏に河口湖に移住したばかりです。いろんな不安と期待を抱えの移住でしたが、もう永住したい気分になっています。その気持ちになったのが上記の『7つの理由』です。

まずは気軽に河口湖に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。河口湖移住に必要なものは思いっきり車の免許くらいです!(車の免許は地方移住の必需品です)

画像9
 かわぐちこ
ちゃん
 かわぐちこ ちゃん

日常の中に富士山がある生活はかなりすごいです
綺麗に富士山が見えた日は嬉しいです。町のいろんな場所から富士山を見ることで、地図がなくても富士山の見え方で自分のいる場所がだいたいわかります。